KOTORI楽器

 開発日記 -Whisper in the Ricorder-

前へ
次へ

Whisper in the Ricorder ー開発日記ー 

dim.dim.を作った長い理由③

さあ、ブランクありましたが、続きです。
①自分の、家での楽器練習の事、こんな便利な時代に
まだ悩んでいる音量に疑問。
②娘たちの転校でリコーダー真剣にやってみるかと思った理由。

で、今回最後に「自分が手を挙げてみた。」についてです。

丁度、上の子が本格的に塾に通い始めていたころでした。
塾から帰ってきて、直ぐに夕食・・・そして、学校の宿題。
明日学校でテストがあるから、リコーダーの練習をしたいと
言われる事がありました。 成果発表会もリコーダーありましたね。
みんなに迷惑がかかるから練習したいとかです。
子どもなりに、失敗したら恥ずかしいとかとても気にし始めていたのです。

そして、ふと、思いついていしまったのです。 
インスピレーションの神様がパチリと指を鳴らしたのです。
今のようなコントロール方法ではありませんでしたが、
原型となるアイデアでした。

みなさん、私の道具を見て、「なあんだ」と思った方も
多いと思います。 思いついた私も、こんな事なら他の人も
思いつくだろう・・・・私が作らなくても、他の誰かが、そのうち
作ってくれるだろう・・・・・・・・・・放置・・・・でした。

ところが、それから10年後くらいに、あの東北の震災が、起きました。
私にも何か出来ないかと、地元の人にうかがったら、
呼んできて欲しいロックバンドがあると頼まれました。
食料品とか身の回りの物をと思っていた私には驚きというか、

衝撃でした。
「こんな時に音楽?」音楽は凄い!・・・そして、丁度そんな時です。

ニュースの中でだったか、現地の知人からだったか・・・
とにかく、名前の彫ってあるリコーダーが流れ着いて本人に
戻ってきたそうです。

その子がリコーダーを吹きたがったのですが、体育館には
被災した多くの方も避難されていて、許してもらえなかったという
話を聞き、こんな時だから吹きたかったのかもしれないと
思ったら、たまらなくなりました。

あの道具があれば解決できるかもと思い、ネットで探しましたが
世の中にはまだありませんでした。 
我が家でも、もしあの道具があれば使っていたと思います。

他のテストと違ってリコーダーのテストは緊張します。
シーンとした中で、一人で演奏しなければなりません。
練習不足はつらいですね。 娘たちにも欲しかった道具です。

スポーツもそうですが、ある程度からは才能かもしれません。
でも、練習すれば、逆上がりも出来るようになりますよね。
そう、スポーツと同じなのですよ。 出来れば楽しくもなる。
悔しければ練習する。 そんなもんですよね。

良いランニングシューズ、風の抵抗が少ないウェア。
ちょっと差がつくアイテムはあるにしても、
やっぱり、当たり前に「練習」ではないでしょうか。

練習時間を作る道具、シンプルにそれだけ。
それがまず、作りたかった道具でした。
それが、dim.dim.です。

私は別に特別リコーダーが好きだったわけでもない、
普通の人です。 だから、難しい事を考えずに作りました。
誰も作ってくれないなら、私が作ろう!

手を挙げてしまってからは、色々ありましたが、
なんとかやってきています。

本当にたまにですが、dim.dim.あって助かりましたって
言ってくれる人がいるので、止めてはいけないな。
と、今はそこでしょうか。 

つまり、そんな色々があって作ることになりました。
それにしても、私にしては長編、長くなってすみません。
うっかり、①から全部読んで下さった方、ありがとうございます。

物を作る動機を知ってほしかったので書きました。
私も忘れて、投げ出さないように・・・
ゼロからの製造業、色々あります。
だから、どうして作りたかったのかの方が、作ることよりも
大切だったりします。


time Machine・・・過去のブログから(カテゴリーのご紹介など)

  • 楽器フェア2016出展風景

    市場開拓助成事業に採択されました。

    起業から3つ目の助成金です。

    助成金って色々ありますが、申込時に申請出来る要件を
    満たさなければいけないものもあります。

  • 特許庁からの書留

    特許をささやく

    特許についていろいろ思う事について書いています。特許を取得したての頃は、特許って何だろう?くらい手前で疑問を持っていました。

  • 特許証書

    特許は自分で取れます

    私がどんな風に特許を取ったのかをまとめました。

  • 梅の仕事

    家事と仕事

    私のもう一つの仕事について書いています。 生きていくために誰かがしなければいけない事です。 

 DIARY -Whisper in the Ricorder-でご覧いただけます。

Now

最新コンテンツ

KOTORI楽器の新情報

Menu

ページのトップへ戻る