Welcome to our homepage 

KOTORI楽器って何を作っているところ?

「楽器練習を楽しく!」(Fun musical instrument practice)

楽器の演奏や練習がしやすくなることを目標に、音量を調整できる方法を研究しています。
演奏の上達には良いお手本も必要ですが、何といっても「練習」が一番です。
そして、人間は意外と「練習」が好きです。 人は多くの事を「練習」で乗り越えてきました。
しかし、楽器練習で問題なのは「音量」では無いでしょうか。

では、人目を気にせず、迷惑をかけずに、没頭出来る音量にコントロール出来たらどうで
しょう?練習の場所と時間が変わってくることでしょう。
練習が楽しくなれば、楽器は生涯の友となってくれます。
リコーダーに電源は要りません。世界中を一緒に旅することが出来ます。
KOTORI楽器は、リコーダーで初めての音量が調整できるツールを提案します。

INFORMATION

now

news

2016-12-13
宮地楽器さんでdim.dim.のスタンダードモデルを取り扱っていただくことになりました。
お店で直接dim.dim.をご体験下さい。
COMING SOON !
2016-11-4.5.6
楽器フェア2016に出展しました。
学校、リコーダークラブ応援モデル「dim.dim.スクール」をお披露目致しました。
スクールモデルの【10個セット】と【30個セット】については現在、楽器店さまでも
このセットを扱っていただくかなど、販売方法は検討中です。COMING SOON !
で 経過とご報告を予定しています。 販売開始はツイッターで発表致します。
2016-6-3
「dim.dim.」組み合わせ自由!プレゼントにもステキ!
ソプラノ用×アルト用を、色×色の自由な色組み合わせで
お求めいただけるネットショップを開店、オリジナルBOXで届きます。
BASE
2016-04-24
リコーダー・ミュート「dim.dim.」アルトとソプラノをamazonから同時販売中!
dim.dimへ

「meet the KOTORI楽器」のご案内

DIARY

特許の取得から、今までのブログを見る事ができます。
これから特許を取って起業しようかと思っている方に、このDIARY「Whisper in the Recorder」がご参考になれば嬉しいです。

COMING SOON !  (KOTORI楽器準備室)

1~2週間単位の製品化のための進捗報告を兼ねています。

皆さんからのご意見やアドバイスで、デザインの変更や、開発対象の優先順位が入れ替える事もあります。

準備段階での公開なので変更が間に合うモノであれば、お応えしていけるかもしれません。
COMING SOON !「こんなことしようと思ってます。」「ここまで出来てます。」そんなページです。

「dim.dim.」って何?

動画で「dim.dim.」を見て頂けます。初期のモデルではありますが基本は同じ観点で設計しています。。

楽器の音を小さくしたり消したりする表現というのは、実は色々ありました。
開発したツールを説明するのに当てはまらないので、ネーミングから考えなければなりませんでした。
「ミュート(弱音器)」「サイレンサー(消音器)」は、取り付けたら既に音が小さくなります。
これはどういう事かというと、器具や装置を外さなければ普通に演奏することが出来ないという事なのです。

由来の音楽記号の「だんだん音を小さくする」「diminuendo(デミュヌエンド)」=譜面上は「dim.」と書かれます。
「dim.dim.(ディムディム)」は付けたままで最大から無音まで調整できる装置なのです。
外さずに付けたままで良いことで、他にも多くのメリットがうまれました。つづきはdim.dim.で どうぞ。

KOTORI STORE

只今、amazonとBASEから販売中
Amazonからは、最速でdim.dim.スタンダードモデルをご購入頂けます。
BASEからは、KOTORI楽器のオリジナルボックス入りで、dim.dim.スタンダードをご購入頂けます。 詳しくはこちらのページで→KOTORI STORE

学校、リコーダークラブを応援!「dim.dim.」のスクールモデルが出来ました。
リコーダー・クラブでコンテストへの出場間近、学校行事で集中的に練習したい
みんなで使いたいという方に、価格を抑えたモデルです。
お近くの楽器店にお問い合わせください。
「dim.dim.」へのご質問

楽器販売店のみなさまへ

dim.dim.は特許を取得した新製品なので、ご使用の方法などが、お客様にまだまだ伝わっておりません。 試験的にご使用頂いたリコーダー・クラブにおいては、とてもお役に立てたようで、お子様、保護者の方からも感謝の声を頂きました。 より、多くの方達に器楽演奏の入り口にあるリコーダーを、気兼ねなく楽しんで頂きたいのですが、個人では限界がございます。 「必要とする方に、正しく伝えて渡したい。」このミッションの達成にご協力いただける方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。
「dim.dim.」販売についてのお問い合わせ

▲PAGE TOP